ページTOPへ

崇高クリニック院長 ドクター荒木裕の断糖食/兵庫県加古川市

崇高クリニック院長 ドクター荒木裕の断糖食/兵庫県加古川市

【スポンサーリンク】

崇高クリニック

兵庫県加古川市の崇高クリニックでは、糖尿病などの生活習慣病や肥満症を改善するために、運動を主体とした入院治療と食事指導を行なっています。

 

一般的な入院期間は2週間で、この間に具体的な食事と運動の方法を実践し、退院後も自宅で継続できるように指導されています。

 

崇高クリニックのドクターであり院長の荒木裕さん考案の「荒木式ノンカーボダイエット」及び「断糖食」によって、これまで数多くの方々が実践されてきました。

 

中には、入院期間2週間で10s以上も減量する方もいらっしゃり、また高血圧や糖尿病に限らず、ガン対策・リューマチ・自律神経失調症・うつ病・通風・拒食症・過食症などの病を改善し、克服される場合もあります。

 

ご興味のある方や入院に関するお問合せなどの詳細は崇高クリニックまで、お気軽にお問合せください。

 

【崇高クリニック】
〒675-0012 兵庫県加古川市野口町野口129-67
         TEL:0794-26-4480  FAX:0794-26-4618

 

炭水化物中毒?

炭水化物(糖質)は、高血圧や糖尿病、そしてガン・肥満などの生活習慣病はもとより、自律神経・うつ・・集中力低下・いじめ・不登校・不眠などの精神疾患にも関係し、今日では大きな社会問題になりつつあります。

 

「糖質」は脳内の、睡眠・食欲・心の安定”を調節するホルモン物質の低下を招くばかりでなく、習慣的に生じる果物や野菜、麺類やごはん、クッキーやチョコレートなどが止められなくなり、この状態がエスカレートすると遂には「麻薬や覚醒剤」に手を出す様になってしまいます。

 

「自殺」・「うつ」、「アルコール中毒」や「暴力」などの治療の為に、アメリカでは炭水化物中毒センター(減量・摂食障害治療センター)が開設されました。

 

崇高クリニックでも、アメリカに見習い「炭水化物中毒センター」を開設し、そのような症状でお困りの方々の相談・治療を行っていますので、お気軽にご相談ください。

荒木式断糖食事法を実践するには?

本来であれば、崇高クリニックへ直接来院され荒木裕院長の指導、治療をされることが望ましいと思われますが、個人の諸事情により(時間的、経済的など・・・)来院、通院、入院が難しい方のために崇高クリニックで実際に行っている断糖食事法が自宅でも簡単に実践できるようにDVDで詳しく解説されています。

 

そのDVDの内容は、糖尿病をはじめ、ガン対策、うつ病、高血圧、ダイエットの種類があり断糖理論に基づく荒木式断糖食を学べるようになっていますので、ご自分の症状に応じて、購入することが出来ます。

荒木式各種改善DVD

 

 

【スポンサーリンク】