ページTOPへ

荒木式うつ病圧改善プログラム/荒木裕の口コミと効果内容

荒木式うつ病圧改善プログラム/荒木裕

【スポンサーリンク】

「荒木式うつ尿病改善プログラム」WEB特価キャンペーン実施中!

 

「荒木式 うつ病改善プログラム」とは

 

荒木先生独自の糖質を控えた断糖食事療法を取り入れることで

 

脳と身体のバランスを整え、うつ病を根本的に治療するという

 

これまでに1,000人以上の方がうつ病の改善に成功したノウハウを動画で説明したプログラムです。

 

 

 

うつ病はこころの病気などではなく、糖質に原因があるとされ、

 

・うつ病の原因は食生活にある
・うつ病はこころの病気などではなく「脳の病気」
・うつ病の改善には「糖」を控える
・食事療法でうつ病は改善する

 

 

荒木裕先生は、高血圧や糖尿病などの生活習慣病に悩む方と数多く接している中で、

 

糖尿病患者の中に「うつ病」を抱えている人が多いことに着目しました。

 

つまり、糖分を多く摂り過ぎている人に「うつ病」が多い、というわけです。

 

 

 

実際に、糖分と「精神」は深く関係していることがわかっているそうです。

 

疲れている時など甘いもの(糖質)を食べると、精神的に落ち着く ほっとするという経験があると思うのですが、

 

それは、甘いものを食べると「セロトニン」という物質が一時的に分泌されて、

 

リラックス効果が出るからなんです。

 

これが「精神を安定させる」ことにつながっているんですね。

 

しかし、一時的に発生した「セロトニン」は長くは続きませんので、すぐに効果がなくなってしまいます。

 

その結果、また甘いものが食べたくなり

 

甘いものを食べる(糖質)と、「落ち着く・安心する」

 

ということをくり返していると、だんだん中毒症状になってしまい、

 

より、甘いものを求めるようになってしまうというわけでです。

 

 

アメリカの研究グループによる、世界6ヶ国を対象とした「うつ病の発症」と「糖質の消費量」との関係について

 

糖質・炭水化物の消費量が増えるとともに、うつ病患者の数も増える傾向にあるそうです。

 

うつ病になぜ断糖食は良いのか?

「荒木式うつ病克服プログラム」は、うつ病の原因の根本部分でもある糖質をカットし、

 

タンパク質中心の食事にする食事療法で、

 

セロトニンなどの脳内神経伝達物質の生成に必要なアミノ酸を摂取できるタンパク質を

 

たくさん摂る食事法となっています。

 

セロトニンを作るのに糖は必要ない!

 

そもそもセロトニンやドーパミンなどの脳内神経伝達物質はアミノ酸が原料となって作られているので、

 

セロトニンなどの脳内神経伝達物質の生成に必要なアミノ酸を摂取できるタンパク質を

 

たくさん摂る食事法は理にかなっているということです。

 

 

このプログラムは、荒木裕先生が院長を勤める崇高クリニックで指導しているうつ病治療で、

 

時間や金銭的に余裕のない方も、自宅に居ながら、実践・治療ができ、短期間で改善できるようになります。

 

「荒木式高血圧プログラム」を実践した方の効果と口コミのレビューをまとめました。

・荒木式食事法のおかげで感謝しています(60代女性)

8年前にそううつ病と診断されました。
季節によって、うつ、そううつになり、寂しく悲しい不安な日々を過ごしていました。
病院で薬を飲むように言われましたが 量があまりにも多くて、とても嫌でした。
荒木式の食事に変えてからは、 自分に自信がついて変わりました。
自分が好きになり、感謝しています。

 

 

・うつ病は良くなりました。3か月くらいで効果を感じた(40男性)

病院にかかる1カ月くらい前から、気持ちが落ち込み自殺願望がでてきました。
うつのなってから自分の人生はもう終わりだとずっと思うようになりました。
薬による治療をしたのですが、効果はありませんでした。
荒木式を実践し、3か月くらいで効果を感じ、うつ病は良くなりました。

 

 

・本当に身も心も軽くなりました (50代男性)

昨年の4月から断糖食を実践しています。
完全に100%糖を断っているかといえばそうではないかもしれませんが、ほぼ断糖しています。
最近、ダイエットで糖質制限がありますが、もし僕がダイエットが目的で断糖食を始めたとしても、
ものの数週間で挫折したでしょう。鬱から逃れるられるなら断糖食にもまったく耐えられます。
それくらい鬱というのは苦しいものだからです。
だからといって、精神科にいっても症状を軽くする薬はもらえても治す薬は無いのでもらえないのです。
そこで出会ったのが荒木先生です。
鬱の原因は糖質だというのは、見た瞬間に「そうだ」と思いました。
約10ヶ月、本当に身も心も軽くなりました。
まだ完治とはいきませんが、何事も前向きに考えられるようになりました。

 

 

・苦しかったうつ病から解放された感じです(50代女性)

荒木先生のDVDを観て、勉強になりました。
私が実践してのは、食事と運動です。
食事は、先生の本 断糖質レシピを参考にし、魚を焼いたり肉を焼いたりしました。
白米は糖質が多いので、子ども用のお茶碗にの半分の量にしました。
とにかく、糖質の少ない食品を食べることにしました。
運動は、ウォーキング 一日、一時間 歩きました。
一ヶ月経った頃、なんとなく重たかった身体が軽くなってきました。
食事と運動で、苦しかったうつ病から、解放された感じです。
苦しかった日が、嘘のようです。

 

 

・あたりまえの生活をとりもどせたことが本当人嬉しいです(40代女性)

うつ病の療養生活2年目ほどで、荒木先生の断糖食プログラムを知り参加しました。
最初は、テキストやDVDを見て高い買い物だったかなあと少し後悔もしましたが、
指導内容を実践していくうちに、効果が表れてきました。
断糖食を始めたころは、とにかくお腹がすいてたまりませんでした。
断糖食で食べてもいいという食材を食べても味覚満足感があまり得られなかったのです。
以前はおかずをほとんど取らず、たらふくご飯を食べる食生活でしたから、 断糖食はつらかったです。
それでも、断糖食を3か月ほど続けていると
(途中何度も挫折したので、時間がかかったのだと思います)
それまでの私ではありえない午前中に起きられるという状態になりました。
自転車で午前中から、お昼すぎにはさくさく歩いて行けるようになりました。
とぼとぼ歩いているような状態から、スタスタと軽快に歩くことができるようになってきました。
まるで、別人のようです。
朝起きて、夜眠る。
人間として当たり前の生活を取り戻せたことが、本当にうれしいです。

 

 

・明らかに以前より調子が良く大変感謝しています。(30男性)

食事がうつ病の原因というのが驚きでしたが、DVDを観て理論的にも納得でき
「それならやってみよう」と思い実践してきました。
以前は、動きたくもない状態になったこともあり、病院で薬をもらったりして多少は改善しましたが、
どうにも完全には治ってない感じがずっとありました。
性格的なものなのかなと思ったり、色々書籍を読んだりもしました。
2〜3週間くらい続けたときでしょうか。
何となく以前よりしっかり声が出るような感じがしたり、
時々明るく楽しいことも考えたりできるようになりました。
あとびっくりしたのが、自然と痩せました。
というのも、もともと63キロくらいの体重が、83キロまで増えていたのです。
それが自然にどんどん痩せて、今現在は69キロくらいになりました。
この点からも、今まで炭水化物の採りすぎだったんだな、と実感しました。

 

 

・続けていくたびに、このまま続けていれば大丈夫だと確信に変わりました。(40代女性)

荒木式の断糖食を始めて半年過ぎました。
断糖食のお陰で、痩せて体調も良く、精神的にも安定して毎日楽しく過ごしております。
今は薬を飲んでいます。ですが、順調です。
自分で感じる変化は体力がついてきたこと。体調が良い事です。
気分はとても安定しておりまして、続けていくたびに、このまま続けていれば大丈夫だと確信に変わりました。
今まで試した様々な方法より、確実で簡単です。

 

 

 

「食事療法で本当にうつ病が治るのか?」

 

【荒木式うつ病改善プログラム】は、うつ病と糖質の関係や食事療法、効果が、

 

DVDで分かりやすく説明されています。

 

効果が実感できなかったという場合には、

 

購入代金を全額返してもらえる「全額返金保証」と、

 

365日間無料のメールサポートがついていますので

 

迷っておられる方も安心して購入できますね。

 

病院に行っても、薬を飲んでも「うつ病」が改善していないなら、

 

治らない治療法で時間を無駄にせず、一度、「荒木式うつ病改善プログラム」の実践をオススメします。

 

【スポンサーリンク】