コレステロール改善 カテゴリー

【スポンサーリンク】

コレステロールは1日300mg以下に抑えましょう!

コレステロールは、リン脂質とともに私たちの身体を構成する60兆個もの細胞膜をつくっている重要な脂質です。

 

コレステロールは私たちの体全身に使われています。また女性ホルモンや男性ホルモンなどの材料にもなりますので、不足しては困る成分なんですね。

 

ですが、血管内に増えすぎたldlコレステロールは酸化され血管内に付着して血栓となり血管壁を厚くします。

 

これが動脈硬化につながり、血栓が何かのきっかけではがれて血管に詰まってしまうと、心筋梗塞や脳梗塞などの生命にかかわる症状を引き起こしてしまいます。

 

ldlコレステロール(悪玉)が基準値よりも高い人は下げる努力が必要ですね。

LDLコレステロールについて

コレステロールとは?

コレステロールは体に不可欠な資質の1種です。

 

コレステロールは善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)の2種類があります。

 

HDLは体の中で使われずに残ったコレステロールを肝臓に戻し、動脈硬化などの症状を防ぐ一方、LDLは全身にコレステロールを運ぶ役割をしますが、増えすぎると血管壁に沈着し、後述するリスクの原因となります。

 

 

LDLコレステロールが高いとどうなるのか?

LDLコレステロール基準値(140mg/dL)より高いリスクとしては以下があげられます。

 

LDLコレステロールが多くなると動脈硬化が起こりやすくなり、心筋梗塞、脳梗塞、心臓病、狭心症などの生活習慣病を発症するリスクが高くなります。

 

 

コレステロールを下げる方法は

コレステロールを下げるには、適度な運動、ストレス発散、禁煙など様々ですが、食生活の改善も非常に重要です。

 

以下はコレステロールを下げるのに効果ある食品成分例です。

 

■DHA・EPA(青魚などに豊富)

 

■SMCS(野菜由来の天然アミノ酸。ブロッコリー、キャベツなどに豊富)

 

■食物繊維(レタスなどに豊富)

 

■ビタミンC(レモンなどに豊富)

 

しかし、これらを含む食事を毎日十分にとることは決して容易ではありません。

 

また、DHA&EPAをサプリで摂取する場合と比較して、SMCSを多く含む健康ドリンクを摂取することは野菜不足や食生活改善にもつながるため、特に悩みの深い方にとっては重要な指標となります。

コレステロール改善 商品一覧

ハイ 調整豆乳 初回半額通販(最安値価格の販売店)コレステロール対策のトクホ豆乳

「ハイ!調整豆乳」は、口コミ効果で評価が高く評判のコレステロール対策のトクホ豆乳です。今なら【初回半額】特別キャンペーン実施中です!

≫続きを読む

緑でサラナ!野菜の力でコレステロールを下げるサンスターの特定保健用食品

野菜の力でコレステロールを下げるサンスターの特定保健用食品「緑でサラナ」ドリンクです。今なら初回限定キャンペーン実施中です。

≫続きを読む

【スポンサーリンク】